全てのHID器機をbluetooth化する USB2BT Plus

Bit Trade Oneはいつも心をくすぐられる商品を提供してくれます。今回はどんなUSB機器もBluetoothへ変換してしまうUSB2BT Plusを紹介させていただきたく思います。USB-AをBluetooth化するだけではなく、Windows PCを持っているならば設定により様々なことができてしまう優れものです。

USB2BT Plus

元々同人ハードとしてそーたさんの中の人が作ったものでした。当時はAndroidのタッチスクリーンが動くということで驚いたものでした。その有用性をUSB2BT Plusを同人ハードの聖地である三月兎が発見し、公の目につくようになったのでした。実際、どのような機能があるのでしょうか。

USB2BT Plusの使い方

USB2BT Plusは電源を必要とします。その電源は右側にあるmicroUSBから給電することになっています。そして左側のUSB-AにBluetooth化したい機器を繋ぐだけで準備は完了します。繋ぐ機器は複数でも可能ですが、動作が不安定となります。メーカー側からは給電の問題だということですが、大抵の場合大丈夫な設計になっています。

ボタンは4つあり、これらでペアリングや機器の切り替えを行います。上からDEV1, DEV2, DEV3, STATUSとなっています。上3つでPCやスマートフォンやタブレットを切り替えて、一番下のボタンでペアリングを行うといった使い方をします。

  • 行っていることは高度なのにユーザーインターフェースはとても簡単と素晴らしい製品です。

USB2BT PlusはWindowsでもMacでも使えるの?

結論から言うと使うだけならば使えます。なぜ使うだけならばというと、色々と設定できるアプリケーションがあるのですが、それがMacでは動かすことができないためです。だから全ての機能を使いこなすにはWindows機が必要となってきます。Windowsでそのアプリケーションで設定した後はMacでも同じ設定で使用することができます。これはUSB2BT Plus本体にそのプログラムが書き込まれているからではないかと思います。

  • Macでフル機能を使うためにはWindowsが必要になります。

USB2BT Plusの機能「キーの置き換え」

先ほどWindows機がないと全ての機能を使いこなすことはできないと言いましたが、このキーの置き換え機能もその一つです。アプリケーションがWindowsにしか対応していないため、Macでは設定することができまん。

0x35などでキーを特定するのですが、気をつけなければならないのはJISキーボードとUSキーボードでは置き換わるキーが違うということです。例えば0x35はJISでは「半角全角」ですが、USでは「` ~」に対応するキーコードです。この辺りも注意する必要があります。

またCTRL, ALT, Shift, Win/CMDは同時押しに対応していますが、それ以外のキーについては同時押し非対応です。

  • キーの置き換えをする際はJISキーボードなのかUSキーボードか事前にチェックする必要があります。

USB2BT Plusの機能「デバイスの切り替えショートカット」

複数の機器を起動しているとき、いちいちBluetoothを切って別のPCやタブレットでペアリングをするという行為ほどストレスのかかるものはありません。中には勝手に切り替わってくれる機器もありますが、そう多くはないのが実情です。このUSB2BT Plusはでは専用アプリケーションによって特定のキーを押すことによりDEV1〜DEV3を手元で切り替えることができます

手動でDEVボタンを押せばいい話なのですが、キーボード上で切り替えられるとなると便利です。作業が中断されることなく機器の切り替えができることはとても自然な行動でストレスフリーにUSB2BT Plusを扱うことができます。

しかしこのアプリケーションもWindows専用ですのでMacしか持っていない場合は使いこなすことはできません。

  • 手動にせよキーボードにせよ3つのデバイスを切り替えることができることはすごいことです。

まとめ

USB-AをBluetooth化することに意味はないように思えます。しかしタブレットやスマホに接続する場合、いつものキーボードで打鍵することはとても快適です。USB2BT PlusはPC機器による恩恵よりも他の機器の入力機器として機能する方がメリットが高いといえます。

一方でmicroUSBで給電する必要があるということは足枷となっています。内蔵バッテリーなどであればコンパクトにまとまるのですが、モバイルバッテリーなどで対応するのもあまりスマートではありません。PCなりUSB給電アダプターなど何かのポートが一つ塞がります。しかしそれを補って余るほどの快適性があります。複数のデバイスを同時に使用する時に真価を発揮します

USB2BT Plusはロマンの塊です。3台の機器にBluetooth登録ができ、アプリケーションによる大幅な機能変更、小さくて軽い携行性どれをとっても一級品です。一家に一台USB2BT Plusを持っておいても損はないと思います。

Bit Trade One USB2BT Plusのページ


スポンサー

USB2BT Plus

コメント