プログラマブルテンキー EPOMAKER TH21

HHKBにはテンキーがありません。数字キーはあるのですが、やはりフルキーボードのようにテンキーを押したくなる衝動に駆られます。そこで見つけたのがこのEPOMAKER TH21です。その使用感はどのようなものだったのでしょうか。

EPOMAKER TH21

EPOMAKER TH21はプログラマブルキーボードです。どこまでプログラム可能かというとFnキーひとつ以外全てのキーにマクロやコンビネーションを割り振ることができます。そういった自由度の高い機能からテンキーではなく左手デバイスとして利用する人も多くいます。

  • EPOMAKER TH21はとても自由度の高いプログラマブルキーボードです。

EPOMAKER TH21でできること

何の考えもなくテンキーとしてEPOMAKER TH21を選んだわけではありません。キーボードがテンキーでもありプログラマブルキーボードだったからです。

プログラマブルキーボードと聞いてあまりピンとこない方もいると思いますが、特定のキーに対して任意のコンビネーションやマクロを登録できるキーボードだと思ってください。マクロ機能がとても便利でもはや手元から離すことができなくなるようなものです。

写真では無線に見えますがUSB type-CとUSB-Aで機器に接続です。

  • マクロを登録しながらテンキーとして使えることは意外と便利です。

EPOMAKER TH21のホームページからドライバーを入手しよう

コンビネーションキーやマクロを設定するためにはEPOMAKER Driverというアプリケーションが必要となります。とても親切なことにWindows版とMac版の両方が用意されています。両方ともバージョンがそろっており、丁寧な仕事が伺えます。

EPOMAKER Driverが入手できるページはEPOMAKERのホームページです。一旦下にスクロールしたあとページ上部に現れるメニューのダウンロードからリンク先に飛ぶことができます。ダウンロードページのドライバーというリンクをクリックすると各種キーボードのアプリケーションをダウンロードできるページに飛びます。EPOMAKER TH21は特殊な形状をしている方なのですぐに見つかると思います。

EPOMAKER.JP

Macの場合zip形式でダウンロードされますが、解凍するとdmg形式になります。dmgを展開してドライバーをアプリケーションフォルダへ移動させましょう。

  • だいぶ前の製品ですがアフターサービスがしっかりしています。

EPOMAKER DriverでTH21の設定をする

圧縮ファイルからEPOMAKER Driverを取り出すとTH21の設定変更用のアプリケーションが表示されます。それをダブルクリックしてアプリケーションを開きます。EPOMAKER TH21のアプリケーションアイコンはこのようなものです。

アプリケーションを起動するとしばらくEPOMAKER TH21が接続されているかサーチするような挙動があります。

サーチが終了するといよいよ設定画面に移ります。赤のキーは設定不可能、緑のキーは既に設定されているもの、白のキーはこれから設定できるキーです。他にもレイヤーを設定することができるなど、プログラマブルキーボードとして十分な仕事をしてくれることを期待してしまいます。

試しに白いキーを押してみましょう。今回はNumLockキーを押してみました。

すると、このような画面になります。メニューは二つ、コンビネーションとマクロです。ホットキーを登録するならばコンビネーションキーを押すことで事足りると思います。マクロの方は事前に登録したマクロが必要となるため、先にマクロの設定を終えていた方が良いでしょう。コンビネーションやマクロが決まったら、緑のボタンで決定ボタンでもあるコンファームを押しましょう。これで登録完了です。

EPOMAKER TH21にはゲーミングパソコンのようにキーを押下した時に光らせる機能があります。波上に広がる効果や押したところだけ光るものなど色々なパタンがあります。そういう遊び心も面白いと思います。

さて、本題のマクロになりますが、この設定が結構な曲者です。まず引っかかるところはMacroのファイルを作るところだと思います。お馴染みの◻︎+のマークなのですが、これが見つかりにくい場所にあります。そのアイコンを押すとMacro_1という文字が表示されます。マクロを登録するためには、このMacro_1を選択してください。

次に引っかかるポイントはマクロの作り方だと思います。図のマクロはCTRL+(space)という単純なものですが、10分近くかかりました。その理由としてはマクロの作り方を発見することができなかったからです。マクロの登録を開始するためには画像でいう一つ目の赤い四角の真上にあるStartという小さな文字を押さなければなりません。

Startさえ見つかればあとは簡単です。Excelなどでも使われている記録方式です。希望するコマンドを打ち込んだらマクロの作成自体は終了です。またマクロにはマウスも登録できるので幅広い運用ができます。

一番の問題はどのようにしてマクロを終わらせるかにあります。キーや左クリックをするたびにマクロに記録されていってしまうため、記録を止めるボタンがどこにあるのかを探さなくてはなりません。しかし、それが中々見つからないのです。それもそのはずStartという文字がStopにいつの間にか変化しているからです。画像で言えば一つ目の真上にあったStartがStopに変わっているのです。これを見つけるのに苦労すると思います。

  • マクロ機能は便利ですがアプリケーションに癖があり、慣れが必要になります。

まとめ

いくつかのつまづきポイントはありますが、普通に暮らす分にはプログラムテンキーとしてとても重宝します。あまりこういうことは言わないようにしてはいるのですが、買って損のない製品だと思います。


スポンサー

EPOMAKER TH21

コメント